超乾燥肌の私が日々調べ実践している美容情報

寝ても覚めても美容ブログ@20代が美容で気をつける こと

ヘアケア

乾燥するのは肌だけじゃない!トリートメントを工夫してしっとりツヤ髪に

投稿日:

こんにちは!美容大好きなsskです。
これまで肌の乾燥についていくつか記事を書いてきましたが、乾燥するのは肌だけではありません。
肌が乾燥する時期は、髪も乾燥するのです!

私の髪はいわゆる猫っ毛で乾燥しやすく、しっかりケアしないとパサついてしまいます。
なかなかこれ!という製品に出会う事ができず、たくさんのシャンプー、トリートメントやヘアケア剤を試してきました。
そんな中で、アイテムにこだわることももちろん大切ですが、シャンプーやトリートメントの方法を見直すことも重要だと感じました。
どんなによい製品を使っていても、基本的な事が抑えられていなければアイテムの持つ本来の能力が発揮されません。
また、トリートメントの方法を工夫することで、よりケアアイテムの能力を引き出す事ができたのです。

そこで、今日は私が毎日の入浴時に実際に行っているシャンプーおよびトリートメントの方法を紹介いたします!

まずは基本をおさえよう!洗髪のポイントは十分なすすぎ

ヘアケアに力を入れる前の私の洗髪方法は、髪全体を濡らした後、シャンプーを泡立て頭皮をメインにしっかりと洗い、トリートメントを塗布し、しばらく置いた後流す、というものでした。
今もほぼこの流れで洗髪していますが、以前と変わった部分は「シャンプーをつける前に髪を濡らす時間」「トリートメントの方法」です。
以前は初めに髪を濡らす時間を特に気にすることなく、全体を濡らすことができたなと思った時点でシャンプーをつけていました。時間にして、およそ1分ほどでしょうか。
現在はしっかりと時計を見て、確実に3分は濡らすようにしています。この少しの手間がポイントです。
そもそも頭皮および頭髪の皮脂や汚れは、この予洗いでほとんど落とすことができるのです。
ここでしっかり汚れを落としておくと、後のシャンプーも泡立ちよく洗いやすいですしおすすめです。
また、私はこの時間に頭皮のマッサージも行っています。
以前まではシャンプーをつけて泡立てながらマッサージをしていたのですが、シャンプーをつけた状態だと刺激が強くなりすぎてしまう恐れがあるそうです。
さて、十分に予洗いが行えましたらシャンプーです。しっかりと泡立ててから指の腹で頭皮を中心に洗い、ぬるま湯で流します。
このすすぎもしっかりと。シャンプーが残っていては毛穴詰まりの原因になってしまいます。丁寧に時間をかけて洗い流しましょう。
この後はいよいよ、トリートメントタイムに入ります。

トリートメントの新常識!「チェンジリンス」の方法

皆さんは「チェンジリンス」をご存知ですか?
いつものトリートメントに少し工程を加えるだけなのですが、その効果は絶大です。
方法はとても簡単。
まずはいつも通りトリートメントを髪に塗布します。
毛先中心に揉み込み、頭皮にはなるべくつけないように注意します。
次に、トリートメントを流すのですが、いつものように流してはいけません。
洗面器にお湯をためて、そこに髪をつけ、もみ洗いします。髪に塗布したトリートメントをお湯に溶かすイメージ。
そしてトリートメントを溶かしたお湯を再度髪につけるようになじませます。
髪全体になじませたら、シャワーですすぎ残しのないように流します。
これでチェンジリンスは完了です!
このひと手間だけで、驚くほどしっとり、つやつやな仕上がりになります。

最後の仕上げはドライヤーです。
根元から乾かし、8割ほど乾いたら冷風を当てながらブラッシングします。
ドライヤーの際の注意点は、必ず根元から毛先に向かって風を当てること。
キューティクルの方向に合わせることが大切です。
こうすることで、キューティクルが開いたままで髪がパサついてしまうのを防ぎます。
冷風を当てているうちに、髪がツヤっとしてくるはず。
これで一連の流れは終了です。
特別なアイテムも必要なく、今日からすぐに始められますので、ぜひ試してみてください。
少しだけ手間をかけて、綺麗なツヤ髪を手に入れましょう!

-ヘアケア
-, ,

Copyright© 寝ても覚めても美容ブログ@20代が美容で気をつける こと , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.