超乾燥肌の私が日々調べ実践している美容情報

寝ても覚めても美容ブログ@20代が美容で気をつける こと

コラム

姪っ子を赤ちゃんモデルにするために私が努力したこと

投稿日:

妊娠に早くから気づけなかった場合、後になって後悔することが多く、実は私自身もその一人です。対応可能な病院が多くない地域では、妊娠が確認できた時点で予約を入れておかないと、出産まで時間がない状態では、見つからなくなる可能性があります。

妊娠の初期症状は人それぞれです。
生理が規則的に来ない人は、妊娠に気づきにくいでしょう。

貧血や微熱といった風邪のような症状が出ることもありますので、もしかして…と自分で注意することも大切です。

妊娠中は太りやすい体になっています。

あまり太らない体質で、どれだけ食べたとしても太らず、仮に太っても元に戻せると思い、好きなものを制限なく食べていました。ですが、気付いたら15キロも増えてしまい、料理、洗濯など、日常の動きがとても大変でした。産まれてから一年経っても、未だに体重は戻せていません。
やはり一般的に言われている通り、栄養のことも考えて食事に気を配り、適度な運動も欠かさないことが大切だと感じました。

妊娠中はとにかくストレスを溜めないことが大切です。

ストレスを溜めてしまうとイライラから暴飲暴食をしてしまったり、冷静さを保てず危険な行動をしたりゆとりを持って日々を過ごせなくなります。

すると、母体に負担がかかることになり、赤ちゃんにもよくない影響を及ぼす可能性があります。

出産は人生の一大イベント。命懸けです。あまりナーバスになってもいいことはないですが、心身共にいい状態で産むことができるよう、リラックスできる態勢を作っていきましょう。

妊娠している間は、妊娠する前の体とは異なることを頭に置いておきましょう。特に妊娠初期はまだお腹も小さく変化があまり感じられないため、ついつい今までと同じように動いてしまいますが、赤ちゃんの身体が形成される重要な部分が発達する期間ですので、妊娠前と変わらずに調子がよくても、無理はしないようにしましょう。心身ともにのんびり過ごし、身体を休めることが大事です。

妊娠当初のつわりの度合いは人により異なるそうですが私はいわゆる食べづわりになり、いつも食べていないと気持ちが悪くなりました。

脂身や生クリームなどは見るだけで気持ち悪くなりました。

何とか口にできるのはスナック菓子と野菜、パンケーキだけでした。その他の物を食べると気持ち悪くなり、戻してしまうこともしばしば。こんな状態で栄養は取れているのかと心配になりましたが、妊娠初期はあまり栄養が必要ではないので食べられるものを食べるのでよいのだと思います。

早くつわりから解放されたいといつも考えていました。妊娠初期のつわりで、食べ物をとることが難しい女性がいると思う。それでも栄養を取らないと、赤ちゃんの発育に影響するので、口にしやすいおじややゼリーなどを食べれればいいと思う。
食べ物を受け付けなくても水分補給は必ずとることが大事である。

つわりがないからと赤ちゃんの分までも食べれるといい食べ過ぎるのもよくない。

妊娠高血圧や妊娠糖尿病にかかりやすくもなる。栄養バランスよく食べることが大事であり、また適度な運動を無理なくすることが妊娠中に大事である。

私は妊娠中に金属アレルギーになりました。

妊娠初期に使っていた結婚指輪の付近が痒くなって、するとそのうちに肌がただれたようになりました。お医者さんに診てもらったら、皮膚が繊細になっていて金属アレルギーらしくなっていると診断されました。
それからは、指輪をすることを控えました。

妊娠中だけで、出産後しばらくしたら大丈夫になって、今となって金属で皮膚が荒れることはありません。
妊娠期間中は皮膚の感覚が鋭くなるようです。35週目を迎えると、妊娠後期も中頃となり、あと4週で出産を迎えるような時期です。
また、妊娠初期からこれまでの身体は妊娠をお腹の中で育て守るための身体でしたが、今後は出産に対応できるよう、徐々に変化が起きてくる時期になります。それだけ身体に無理をかけてしまうと早期出産のおそれもでてきます。
切迫早産リスクを指摘され入院した場合、原則、安静にしていなければなりません。常時点滴をし、ごはん、シャワー、トイレといった最低限の動きの他はずっとベッドで生活します。この点滴(ウテメリン)には副作用が報告されており、手が震えたり、動悸・息切れが出たりとしんどいものでした。徐々に体は慣れていったのですが…。入院している間は本当に暇を持て余すので、大人向けの塗り絵、あみもの、パズル等でなんとか時間を潰してました。

初めての妊娠は幸せな反面、初めてなことばかりで日々不安な気持ちを持つと思います。赤ちゃんモデル

快適なマタニティーライフのためにのんびりした気持ちを持つように努力しましょう。ママが不安な気持ちになるとお腹の中で妊婦さんが不安な気持ちでいっぱいだとお腹の中で赤ちゃんも不安な気持ちになります。腹が膨らんでくると腰痛や足の痛みが出てきます。自分にあったタイプの腹帯やサポートベルトを腰に巻く事で腰痛が楽になります。

-コラム

Copyright© 寝ても覚めても美容ブログ@20代が美容で気をつける こと , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.